ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > チャレンジデー > チャレンジデー松田町2017 エール交換

チャレンジデー松田町2017 エール交換

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月24日更新

松田町チャレンジデー2017  『今年も獲るぞ、金メダル!』

5月24日(水曜日)9時00分~9時05分 町長室

 本山町長は、チャレンジデーの対戦相手である岩手県陸前高田市の戸羽市長にお互いの検討を誓うエール交換を実施しました。
 戸羽市長が松田町で生誕されたこともあり、東日本大震災以降、当町は復興支援として人的な支援や物品支援のほか、子どもたちの心の支援として、陸前高田市の少年野球チームや中学生のバレーボール部を当町に招き、スポーツ交流なども行ってきました。
 また、陸前高田市民が震災を風化させないよう、津波の到達した位置を桜で示す活動「桜ライン」に共感し、当町の木である桜を陸送し、当町の職員や町民が現地で植え込み作業などもさせていただいた経緯もあります。
 このような経緯の中、この度、チャレンジデーで対戦することとなった御縁は、主催する笹川スポーツ財団の「粋なはからい」と本山町長は認識しています。
 よって、今回のエール交換では、このチャレンジデーを機に今までの支援ということではなく、友好的な関係を築くため、勝敗に係わらず、対戦後の1週間、両市町の旗を掲揚することとしました。
 そして、これを機に防災的な協定のほか、両市町の特色を活かした様々な連携が図れる友好的な関係が築けるよう連携を強化していくエール交換になりました。

 エール交換の内容は、同日に開催された松田町チャレンジデー実行委員会が開催した決起集会で実行委員長である本山町長が報告され、実行委員の士気を高めました。
エール交換