ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

環境衛生

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月8日更新

手続き・お問い合わせ……環境上下水道課環境係 Tel 0465-83-1227

トイレ(し尿)浄化槽汚泥の汲み取り

 トイレ(し尿)の汲み取り開始・中止・使用人数の変更については町への申請が必要です。
 浄化槽汚泥の汲み取りは、下記の許可事業者へ直接申し込みをしてください。なお、地域によって事業者が決められていますのでご注意ください。

許可事業者

 町屋、店屋場、仲町、新松田、中沢、宮前、かなん沢、中里、城山、仲町屋

松田衛生社      Tel 82-0511

神山、茶屋、中丸、河内、中央、谷戸、沢尻、谷津、寄地区

新生実業社      Tel 83-6888

浄化槽の保守点検・清掃・法廷検査

 浄化槽は、微生物の働きを利用して汚水を浄化する施設で、微生物が活動しやすい環境を保つことが大切です。
 浄化槽が正常に機能するように、保守点検・清掃・法定検査をすることが浄化槽法により義務付けられています。

小田原保健福祉事務所 Tel 83-5111

合併処理浄化槽設置補助金

  河川の水質浄化を図るため、家庭用合併処理浄化槽を設置する方に設置費用の一部を補助します。(下水道認可区域は除く)

人槽補助金額
5人332,000円
6から7人414,000円
8人10人548,000円

合併処理浄化槽維持管理費助成金

  合併処理浄化槽を設置された方に対し、維持管理経費の一部を助成します。浄化槽の清掃、維持管理、法定検査を実施した場合、年1回に限り5,000円を助成します。
(下水道認可区域は除く)

 環境上下水道課 上下水道係 Tel 83-1227

公害の相談

 大気汚染、水質汚濁、騒音、振動、悪臭といった公害についての相談を環境上下水道課で行っています。電話による相談も受けています。匿名での苦情・相談は事実関係の判断が難しい場合は、お受けできない場合があります。

野焼きについて

 焼却施設を用いずに廃棄物を焼却する「野焼き」は原則として禁止されています。
 家庭から出るごみや、事業活動に伴って発生するごみを焼却するときは、法律で定められた構造の焼却施設を使用しないと黒煙が発生したり、灰が飛び散ったりして近所に迷惑をかけることがあります。
 剪定枝は、自家処分せずに決められた方法で町のごみ収集日に出すか、下記へ直接搬入してください(処分費がかかります)

駿河サービス工業         Tel 85-5301

開成町グリーンリサイクルセンター  Tel 85-5020

蜂の巣・害虫の駆除について

 蜂の巣の駆除は、その土地の所有者・管理者で対応していただきますようお願いいたします。
ホームセンター等で購入できる蜂専用の駆除スプレー等を使って駆除を行うか、専門業者に直接駆除を依頼してください。
 なお、スズメ蜂の巣や屋根裏などの閉鎖空間の巣の駆除は大変危険ですので、駆除専門業者への依頼をお薦めします。
 専門業者の紹介については環境上下水道課へお問い合わせください。