ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護保険

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月8日更新

介護保険のしくみ

  • 介護を社会全体で支える制度です。
  • 介護保険制度の運営主体(保険者)は松田町です。
  • 介護保険に加入する方は40歳以上の方です。
  • 介護保険料を納める方は40歳以上の被保険者です。65歳以上の方(第1号被保険者)と40歳から64歳の方(第2号被保険者)の保険料の納め方は異なります。

保険料の納め方

区分保険料保険料の納め方
65歳以上の方
(第1号被保険者)
本人の所得と市町村の介護サービスの水準に応じて決まります。受給している年金が年額18万円以上の方は年金から天引きされます。(特別徴収)
ただし、年金が18万円に満たない方は、納付書もしくは口座振替で納めます。(普通徴収)
40歳から64歳の方
(第2号被保険者)
加入している医療保険の種類や所得によって異なります。
保険料の半分は、事業主または国が負担します。
加入している医療保険(社会保険や国民健康保険)の保険料と併せて納めます。

65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料(平成27年度~平成29年度)

保険料

介護保険サービスを利用できる方

区分介護保険サービスを利用できる方
65歳以上の方
(第1号被保険者)
常に介護を必要とする状態(要介護状態)や、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)となった場合に、サービスが受けられます。
40歳から64歳の方
(第2号被保険者)
初老期の認知症、脳血管疾患など、老化が原因とされる病気(特定疾病16種類)により、要介護状態や要支援状態となった場合に、サービスが受けられます。

介護保険を申請するには

 申請するには

  • サービスを利用したときには、費用の1割または2割を負担します。
  • 介護保険で利用できる額には上限があります。
  • 要介護状態区分(要支援1・2、 要介護1・2・3・4・5)に 応じて上限額(支給限度額)が定められています。
  • 負担が高額になったときは、「高額介護サービス費」として支給されます。
  • 施設系サービスの食費、居住費、日常生活費は自己負担です。
  • 低所得の方には、社会福祉法人が実施するサービス利用時、申請により、負担限度額が軽減されます。