ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

母子保健

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

母子健康手帳交付(妊娠届)

母子健康手帳の交付は、役場の子育て健康課健康づくり係窓口で交付します。
母子健康手帳は、お母さんとお子さんの健康管理の記録となります。妊娠中の経過やお子さんの成長・発達の記録としてお役立てください。
また、お子さんの各種健康診査、健康相談、予防接種の際には、必ずお持ちください。

※母子健康手帳の交付時に、妊婦健康診査費用補助券をお渡ししています。

妊婦健康診査費用の補助

赤ちゃんとお母さんの健康を守り、安心して健やかな妊娠・出産を迎えるためには、妊娠中に定期的な健康診査を受けることが大切です。継続的に健康診査を受けていただくために、健康診査にかかる費用を助成しています。また、妊婦健康診査費用補助券は母子健康手帳交付時にお渡ししています。
受診する際は母子健康手帳と妊婦健康診査費用補助券をお持ちください。
また、他市町村から転入された方は、子育て健康課健康づくり係へご連絡ください。

次のような場合

1回の妊婦健康診査の費用総額が補助金額に満たない場合や、補助券が使用できない医療機関や助産所で受診した場合、一旦医療機関等に費用を立て替えてお支払い頂き、後日町へ申請することにより、立て替えられた金額を指定した金融機関へ振り込みます。(償還払い)

償還払いの申請について

 申請は子育て健康課健康づくり係の窓口にて受付をしています。以下の物をお持ちください。

  • 母子健康手帳
  • 未使用の補助券(償還払いの対象となる健康診査の回数分の補助券)
  • 領収書またはレシートの原本
  • 身分証明書(運転免許証・健康保険証等)
  • 印鑑
  • 銀行の通帳等、口座番号・振込先が確認できるもの

 ※申請は最後の妊婦健康診査の受診日から1年以内に申請してください。

注意事項

  • 妊婦健康診査費用のみ補助の対象となります。保険診療の自己負担分についての費用補助は出来ません。
  • 妊婦健康診査費用が補助金額を超えた場合、差額は自己負担となります。

ママパパクラス

母親、父親になるための準備として、同じ環境のお友達を作りながら、妊娠中を順調に過ごし、よりよい出産・育児ができるように各種教室を開催しています。

対象者妊婦・夫・祖父母
日程及び会場

1コース3日間、年に3回(4~6月、8~10月、12~2月)開催。3日間のコースですが、興味のある教室のみの参加も可能です。
日程及び会場の詳細については健康カレンダーを参照してください。
※会場については、山北町と共同開催をしております。

プログラム 時間内容持ち物等
1日目10時00分~12時00分
(9時45分~受付)
・オリエンテーション
・妊娠中の過ごし方
・母乳育児
・お産の進み方
・母子健康手帳
・筆記用具
・動きやすい服装
2日目10時00分~12時00分
(9時45分~受付)
・妊娠中の栄養
・調理実習
・母子健康手帳
・筆記用具
・エプロン
・三角巾
・食材料代<実費>
・米0.5合
13時30分~15時30分
(13時15分~受付)
・歯の衛生
・町の保健衛生行事
・呼気一酸化炭素濃度測定
・母子健康手帳
・筆記用具
・歯ブラシ
・手鏡
・コップ
・タオル
3日目10時00分~12時00分
(9時45分~受付)
・新生児の育て方
・赤ちゃんのお風呂
・母子健康手帳
・筆記用具
・動きやすい服装

申し込み

  •  調理実習のみ2日前までにお申し込みください。 その他の教室は直接会場へお越しください。
  •  託児の必要な方は、前日までにご連絡ください。

妊産婦・新生児訪問

妊婦、出産、育児に関する不安を和らげ、健やかな妊婦生活を送ることを目的に希望される方には妊婦訪問を実施しています。
また、出産後は、保健師が個別に連絡し、お子さんやお母さんの健康相談や各種健康診査、予防接種の説明にご自宅にお伺いしております。

3~4か月児健康診査(集団健康診査)

心身の成長発達について小児科医が診察します。また、保健師、栄養士など専門家が育児相談に応じます。
新生児訪問の際に、日程の詳細や問診票をお渡ししています。

対象者3~4か月児
日程健康カレンダーをご覧ください。
会場健康福祉センター2階(松田町松田惣領17-2)
受付時間13時00分~13時15分
持ち物母子健康手帳・3~4か月児健康診査問診票

お誕生前健康診査(個別健康診査)

お誕生前健康診査は、1歳のお誕生日を迎える前にお子さんの成長・発達を確認する健康診査です。医療機関に予約し受診してください。
問診票は、3~4か月児健康診査受診時にお渡ししています。

対象者10~11か月児(お誕生日前日まで)
健診が受けられる町内医療機関秀成堂鈴木医院・田村小児科医院・山田内科医院・国民健康保険診療所
※町外でも受診できる医療機関がありますので、子育て健康課健康づくり係にお問合せください。
持ち物母子健康手帳・お誕生前健康診査票

1歳児歯科指導教室

歯科衛生士が、歯がはえ始めたお子さんへの個別の歯みがき指導を行いながら、歯の状態を確認します。待ち時間には、おやつの試食もあります。 
対象者の方には、教室の約1か月前に案内を郵送しています。

対象者1歳~1歳3か月児
日程健康カレンダーをご覧ください。
会場健康福祉センター2階(松田町松田惣領17-2)
受付時間9時45分~10時00分
持ち物母子健康手帳・お子さんの歯ブラシ・コップ

1歳6か月児健康診査(集団健康診査)

小児科医によるお子さんの成長・発達の確認、歯科医師によるお口の健康状態を診察します。また、保健師、栄養士、心理士など専門家が育児相談や言葉の相談等に応じます。
対象者の方には、健康診査の約1か月前に案内や問診票を郵送しています。

対象者1歳6~7か月児
日程健康カレンダーをご覧ください。
会場健康福祉センター2階(松田町松田惣領17-2)
受付時間12時50分~13時10分
持ち物母子健康手帳・1歳6か月児健康診査問診票・歯ブラシ

2歳児歯科健診(集団健康診査)

歯科医師によるお口の健康状態を診察します。また、保健師、栄養士、心理士など専門家が育児相談や言葉の相談等に応じます。
対象者の方には、健康診査の約1か月前に案内や問診票を郵送しています。

対象者2歳~2歳2か月児
日程健康カレンダーをご覧ください。
会場健康福祉センター2階(松田町松田惣領17-2)
受付時間13時00分~13時15分
持ち物母子健康手帳・2歳児歯科健診問診票・歯ブラシ

 3歳児健康診査(集団健康診査)

小児科医によるお子さんの成長・発達の確認、歯科医師によるお口の健康状態の確認をします。また、保健師、栄養士、心理士など専門家が育児相談や言葉の相談等に応じます。
対象者の方には、健康診査の約1か月前に案内や各種問診票、検尿容器等を郵送しています。

対象者3歳~3歳3か月児
日程健康カレンダーをご覧ください。
会場健康福祉センター2階(松田町松田惣領17-2)
受付時間12時50分~13時10分
持ち物母子健康手帳・3歳児健康診査問診票・視力と聴力の調査票・歯ブラシ・検尿

すくすく育児相談・おっぱい相談

 お子さんの身長・体重を計測したり、母乳・ミルクについて、食事の悩み、トイレットトレーニングの始め方等、育児に関する様々な相談に、保健師を始め、助産師、看護師、栄養士が相談対応しています。
 おっぱい相談は予約が必要になりますので、健康づくり係または健康福祉センターにご相談ください。

対象者すくすく育児相談:乳幼児及びその家族
おっぱい相談  :母乳育児をしている母子
日程健康カレンダーをご覧ください。
会場健康福祉センター2階(松田町松田惣領17-2)
受付時間9時30分~10時30分
持ち物すくすく育児相談:母子健康手帳
おっぱい相談  :母子健康手帳・フェイスタオル2枚

離乳食講習会

離乳食を始めるための準備や、実際に始めてみてからの悩みに栄養士、保健師がお答えします。調理実習を通して、普段の食事づくりの中からお子さんの離乳食を取り分けて作ることをコンセプトにしています。
お母さんが調理実習中は、お子さんを託児しますのでご希望の方は申込時にお伝えください。お兄ちゃんお姉ちゃんの託児も可能です。

対象者乳児とその家族等
日程健康カレンダーをご覧ください。
会場健康福祉センター2階(松田町松田惣領17-2)
受付時間9時00分~9時20分
持ち物母子健康手帳・エプロン・三角巾・調理実習代(400円程度)
申し込み2日前までにお申し込みください。

ブックスタート

赤ちゃんとお父さんお母さんが、絵本を介してゆっくりと心ふれあうひとときを持つきっかけ作りとして、3~4か月児健康診査受診時に絵本を2冊手渡しています。町の図書館の案内等も併せてお渡ししていますので、ご活用ください。

児童相談

児童相談員を配置し、家庭における児童(0歳~18歳未満)の養育に関することや、人間関係を始めとして、虐待、非行、家庭内暴力、不登校、友達との交友関係、いじめなど児童に関わる種々の問題について相談に応じます。

 専用電話 0465-84-1198

健康づくり普及員兼母子保健推進員

各自治会から選出され、町と協力し、町民の健康づくりを推進しています。
乳幼児健康診査の手伝いや、年4回「母と子のふれあい広場」の開催などの活動をしています。

幼稚園保育園巡回相談

子どもの健やかな成長を支援するため、町内の幼稚園、保育園に心理士、保健師等が訪問し、子ども一人一人の成長に応じた関わりができるよう先生達と一緒に考えていきます。 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)