ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 子育て健康課 > 松田町特定不妊治療費助成事業

松田町特定不妊治療費助成事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月1日更新

松田町特定不妊治療費助成事業

松田町では、平成27年4月1日以降に特定不妊治療を終了した方を対象に、不妊治療のうち医療保険が適用されずに高額の医療費がかかる体外受精や顕微授精(特定不妊治療)について、治療に要する費用の一部、上限20万円を助成する事業を実施しています。また、所得制限や年齢制限はありません。

対象となる治療

(1)体外受精
(2)顕微授精
 ※文書料や入院室料、室料差額、食事療養費等の直接治療に関わらない費用は対象外です。

対象となる方

平成27年4月1日以降に終了した特定不妊治療が対象で、そのうち次の要件をすべて満たす夫婦
(1)法律上の婚姻をしていること
(2)申請日に夫婦が1年以上前から松田町に住所を有し、かつ引き続き申請日現在も在住していること
(3)町税等に滞納がないこと
(4)神奈川県の要綱で指定する医療機関において、特定不妊治療を終了していること

助成内容

(1)1回の治療につき、上限額20万円。但し、神奈川県から助成が受けられるご夫婦は、助成額を控除した額について1回の治療につき上限20万円まで助成します。
(2)助成回数は、治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは6回まで、40歳以上であるときは3回までとする。
(注1)神奈川県の助成が受けられるご夫婦は、必ず県の助成から申請してください。県への助成申請をせずに町の助成のみ申請することはできません。
(注2)神奈川県及び他の自治体から既に特定不妊治療の助成を受けた場合、その助成回数も通算されます。

申請方法

特定不妊治療を終了した日から6か月以内にご申請ください。
・必要な書類等
 (1)松田町特定不妊治療費助成金交付申請書(第1号様式)
 (2)「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成承認決定通知書の写し※1
 (3)「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書」の写し、及び治療費(保険外診療)の領収書の写し
 (4)夫婦の住民票の写し(本籍、筆頭者、続柄に省略がないもの)※2
 (5)夫婦の健康保険証の写し
 (6)助成金の振込先の口座番号が分かるものの写し
 (7)印鑑
  ※1 所得制限により、神奈川県の助成を受けられない方は不要です。
  ※2 職員が閲覧することについて申請者が承諾した場合は不要です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)