ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 足柄広域新モビリティサービス推進協議会
令和3年度

足柄広域新モビリティサービス推進協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月10日更新

公共交通に関するアンケート調査を実施します

現在、町では新たな交通サービスの導入に向けた計画策定に取り組んでいます。計画策定の基礎資料とするため、町民の皆さまの日頃の交通手段やご意見などのニーズを把握することを目的に、サンプリングによるアンケート調査を実施します。年末のお忙しいところ恐縮ですが、調査票がお手元に届いた方につきましては、調査の趣旨をご理解いただき、ご協力くさだいますようお願いいたします。

〇ポスティングによるアンケート調査
12月13日(月曜日)から順次、無作為に抽出した1,100世帯の方を対象に、ポストに投函させていただきます。

アンケート用紙


〇各施設における出口調査
町民の皆さまが普段利用している各施設において、出口調査を実施します。出口調査の実施スケジュールにつきましては以下のとおりですので、お声をかけさせて頂いた際には、ご協力をお願いいたします。
・12月15日(水曜日) 神奈川県立足柄上病院
・12月18日(土曜日) すやまストア・ヤオマサ大井町店・食品館あおば大井松田店

協議会の設置経緯

新たな輸送手段をはじめ、MaaSや自動運転、電気自動車などの最新技術を取り入れ た新モビリティサービスへの取組みを推進し、専門的な検討を総合的に行うため、 地域公共交通の活性化及び再生に関する法律 第36条の4第1項の規定に基づく 「新モビリティサービス推進協議会」を設置しました。

今後は、本協議会で、新たな輸送手段や最新技術等の導入を視野に入れ、さまざまな協議を行い、広域での展開を見据えた中で、持続可能な交通体系の実現を目指してまいります。