ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 生活環境 > その他 > > 令和6年度 スマートハウス整備促進事業費補助制度 

令和6年度 スマートハウス整備促進事業費補助制度 

印刷用ページを表示する 掲載日:2024年7月3日更新

令和6年度 スマートハウス整備促進事業費補助制度 ~制度を拡充しました!~

町では、地球温暖化の防止及び環境保全意識の高揚を図るため、スマートハウスを整備する費用の一部を補助しています。

補助対象機器 ※V2H充給電設備も対象になりました

・太陽光発電システム
・HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)
・家庭用燃料電池システム
・潜熱回収型ガス給湯器
・家庭用ヒートポンプ式給湯器
・V2H充給電設備 ※令和6年7月2日より追加

予算の範囲内での補助となります。
先着順で郵送での受付は不可です。

令和6年度予算額 3,450,000円

注意事項

・掲載状況が最新でない場合がありますので、環境上下水道課へお問い合わせください。
・交付申請書類の審査には通常2週間程かかります。交付決定前の着工は「補助対象外」となりますので、ゆとりをもって書類をご提出ください。
・補助対象設備の設置完了日から30日以内、または令和7年3月17日(月)のいずれか早い日までに実績報告の提出が必要となります。

補助内容

補助対象設備と補助額
補助対象設備 補助額
太陽光発電システム 1kwあたり2万円、上限10万円
HEMS 1万円(定額)
家庭用燃料電池システム 5万円(定額)
潜熱回収型ガス給湯器

5万円(定額)

家庭用ヒートポンプ式
給湯器

5万円(定額)
V2H充給電設備 導入費の1/2以内(千円未満の端数があるときはこれを切捨てた額)とし、上限5万円

補助対象設備の対象要件

松田町スマートハウス整備促進事業費補助金交付要綱 [PDFファイル/283KB]の別表1をご確認ください。

 

補助対象者 ※リース事業またはPPA事業による設置も対象になりました  

町内の自己住居に申請年度内に補助対象設備を設置(リース事業またはPPA事業による設置を含みます)、またはシステム付き住宅(未使用のもの)の購入が完了でき、以下の要件を満たすこと。

(1)電灯契約を結んでいる個人(太陽光発電システム設置の場合)
(2)設置する建物は、住居として使用されていること(店舗・事務所の兼用を含む)
(3)設置建物が申請者の所有物でない場合は、書面により所有者の承諾を受けていること(共有名義を含む)
(4)申請時に町税等の納期経過分を納付していること

申請工事着手前またはシステム付き住居を購入する前に環境上下水道課に申請し、設置完了後に実績報告書を提出してください。

要綱及び各種様式

【要綱】
松田町スマートハウス整備促進事業費補助金交付要綱 [PDFファイル/283KB]

【様式】
交付申請書(第1号様式) [Wordファイル/39KB]
交付申請書(第1号様式) [PDFファイル/246KB]
設置承諾書[Wordファイル/29KB]
設置承諾書 [PDFファイル/46KB]

実績報告書(第7号様式) [Wordファイル/70KB]
実績報告書(第7号様式) [PDFファイル/166KB]

請求書(第9号様式) [Wordファイル/19KB]
請求書(第9号様式) [PDFファイル/77KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)